家計のやりくり.com【節約版】

家計のやりくり.com【節約版】

家計のやりくり!工夫ができない!?

家計のやりくりをしてみてもなかなかうまくいかない!
そうおっしゃる方がいらっしゃるかもしれません。
そこで家計のやりくりをうまくする工夫を探ってみることにしましょう。
家計のやりくりをうまくする工夫をするには、まず目線の据え方を決めておかなければなりません。

 

ライフプランを立てること

年間のおおまかな生活設計を表にまとめてそれを目標としたやりくりを工夫します。この手法は予備費対策にも役立ちます。

貯蓄の順番を決めておきましょう

教育費が先か、それとも住宅ローンが先かなどを決めておきましょう。

固定費から削減しましょう

電気料金、ガス、水道、電話、NHKなど固定費を見直しましょう。

節約で貯蓄を増やす目標の設定

この目標を達成するためのやりくりを工夫していくことになります。

 

住まいの節約

家計簿

家計のやりくりで大きな負担になるのが住まいにかかる費用です。
ですからその費用を節約する工夫をしなければなりません。

住宅ローンについて

ここでは、「金利」の選択が重要になります。
固定金利にするか、変動金利にするか、それとも「固定金利選択型」にするかを慎重に検討しましょう。
この「固定金利選択型」は一定期間は固定金利ですが、その後、固定型か変動型かを選択できるケースです。
金利が低くなればそれだけ家計のやりくりにプラスとなります。

持ち家の維持費・借家の家賃について

マイホームにお住まいのときは、その維持費を節約しましょう。
借家にお住いのときは、家賃の低い貸家に転居するなどの工夫をしましょう。マンションにお住まいのときは、より安いマンションとかアパートに転居するなどの工夫をしてみましょう。

 

固定費の見直し

毎月、決まって支払わなければならない固定費を見直すことも家計のやりくりに役立ちます。
そこで次のような「固定費」を見直すことにしましょう。

電気料金を節約しましょう

クーラーの設置温度を28度以に下げるとか、できるだけ電気器具の使用時間を減らしてその分だけ電気料金を節減しましょう。

水道料金を減らす工夫をしましょう

お風呂のお湯を捨てないでバケツに汲んで水洗トイレに流しましょう。また残り湯を洗濯用に転用してみましょう。これによって水道料金を節減することができます。

その他

電話の使用回数を減らせば、それだけ電話料金を節約することができます。
調理にも工夫をすればガス代を節約することができます。
これらの工夫によって家計のやりくりを合理化してゆくことにしましょう。

 

やりくりできない?

住まいに必要な費用を節約するとか、固定費の節減につとめるとか、いろいろ工夫をしてみたけれども、なお家計のやりくりができないときにはどうしたらよいでしょうか。

家族ぐるみで副業を探しましょう


あたりまえのことですが、家計の支出が収入よりも多くなって家計が赤字になってしまい、
家計のやりくりができなくなったときには、なんとか収入を増やす工夫をしなければなりません。
その手じかな方法は、できるなら家族ぐるみで副業を探すことです。家の外にでることが無理でしたら、内職を見つけることにしましょう。

カードローンを活用しましょう

茶色い財布

家計のやりくりに必要となった費用にあてるため借り入れをするにはどうしたらよいでしょうか。
街金からの借り入れはお奨めできません。トラブルを起こす危険性があるからです。
そこで安全に借り入れのできるカードローンを活用することにしましょう。
このとき、重要なのは、初めの審査を通過することができるかということです。
この審査をうけるにあたっては、次のことを確かめて、その申し込み方をうまくやれるようにしましょう。

審査の基準を正確に理解しましょう

利用者の一年間の最低の年収はどうか。指定の銀行口座はどうか。これらを正確に理解しておきましょう。

申し込みについては次のことに気をつけましょう

資金の調達を焦って、一度に数社に申し込んではなりません。
一度、A社に申し込むとその個人情報は業界の共有となりますから、一度に数社に申し込むと、審査にあたって不利に取り扱われてしまいます。
そこでまず1社に申し込んでから、その回答があるまで待つことにしましょう。
その回答を確認してから次の申し込みをすることにしましょう。

申し込フォームについて

カードローンを申し込むとき、申込みフォームには必要事項を正直に、正確にいれましょう。
借入診断を受けておきましょう。
カードローンの申し込みをする前に「借入診断」の仕組みを利用しましょう。
これは年収、職業、利用件数などを入力すると、その場で仮の審査結果が表示されますから、
申し込んだあとの審査の本番を通過することができるかどうかを予測することができます。
消費者金融については20歳代から30歳代の方が審査を通りやすいといわれます。
銀行についてこのエリアでは40歳代から50歳代がカードローンの審査に通りやすいとされています。

 

家計のやりくりのまとめ

家計のやりくりについて、このように探ってきますと、当然のことながら一家の収入の総額と支出を天秤にかけて支出が収入を超えるとき、どのように家計をやりくりするということになりましょう。
普通のやりくりの工夫としては固定費その他の支出を節減することが大切になります。
それでもやりくりができなくなったときには、副業などで収入をふやすか、カードローンを活用してやりくりするしかありません。
このような手法によって家計のやりくりをうまくとりしきることにしましょう。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ