不倫をする上での注意点とは

不倫と言えば一般的には何か特別な理由がない限りは許される事の無い行為になりますが、本人達にとっては自分でもどうすることもできない問題でもあります。 なのでどうしても不倫関係を続けたいのであれば絶対にバレないようにする必要がありますし、それが自分を守り相手や家族に迷惑をかけないためのポイントになります。 まず最初に注意しなくてはいけないのが証拠を残さない事になりますが、この証拠と言う物は大きな物から小さな物まで多様に存在しています。 例えば大きな証拠になるのが携帯電話などに残されているメールや写真で、これは裁判でも通用するような決定的な証拠になります。 なのでできる限り記録媒体に残さない事が重要なのですが、メールであれば暗号の様な形で誤魔化す事は可能になりますし写真であれば別のSDカードなどに移す事で携帯電話を見られても問題ない様な状態を保つことができます。 また小さな証拠になるのが不倫相手と会っていた時のレシートなどになりますが、レストランやホテルの明細書などがありますしその他にもショッピングした場合には紙袋や映画などの場合はチケットの半券なども証拠の一つになります。 さらに盲点になりやすいのが高速料金のレシートになっていて、特に車に置きっぱなしと言う方は多いので注意が必要と言えます。なお宿泊施設を利用する際にはクレジットカードで支払うケースも多いのですが、この時には後日送られてくる明細書などを見られないようにする工夫が要求されます。 そして不倫している事をバレないようにするためには、お互いの普段の生活圏から離れた場所で会う事がポイントになります。 生活圏に近い場所で不倫相手と会う事は知り合いに目撃される可能性を高める行為になりますし、場合によっては相手の配偶者に直接見られてしまう可能性も出てきます。 なお、不倫関係を維持する上で最も大きなポイントになるのは女性の妊娠になります。基本的に、不倫の関係は大人の男女が行う物になりますので当然肉体関係を持つことが普通だとされています。 なので女性には妊娠のリスクが常につきまとい、実際に不倫がバレる原因の上位には女性の妊娠がランクインしています。 したがって性行為を行う際には必ず避妊具を使用することが求められますし、不倫している男性の中にはパイプカットを行い妊娠の可能性を極限まで低くしている方もいらっしゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です