不倫とは体の関係を持つことである

私が思う不倫について記したいと思います。私が思う不倫とは、妻、婚約者、彼女以外の人と体の関係を持つことだと思います。考えはひとそれぞれあります。私の知り合いは不倫についてはこう語っています。 不倫とは上記の者たち以外の人と体の関係を持つことはもちろん、好意的な話をすることや二人だけで遊ぶことや話すことも不倫だと思っています。 私は確かに体の関係を持つことは不倫だと最もおもうのですが、やはり昔からの付き合いで地元の友人などであればそれは不倫ではないと思います。好意的であるのであればそれはいけないと思います。 他者との関係をもつことができないのはとても辛い人が多いと思います。現在彼女や奥さんがいる人たちは思っていることが多いとは思いますが、付き合ったり、結婚することで女性との付き合い方がすごく変わって、制限されたのではないかと思います。 制限されることは悪いことではありませんが、いいことでもないと思います。他者との交流が途絶えてしまうことで、これから先いろんな経験が途絶えてしまったということであるとおもいます。 人それぞれ性格は違います。なので人と接することがなくなってしまったら、人とうまく接することができなくなってしまうとおもうのです。上文にも記したように人がそれぞれおもうことは違うとおもいます。 一番だめなことは決めつけるということです。不倫をしているから他社の女人とはなしているということを思ったり、好意を持っているからその人と接しているなどと決めつけることで不倫が発生してしまうとおもうのです。 まずはわかり合うことがとても大切なことだとおもいます。私が思う不倫とは他の女性と体の関係を持つことだと思うと述べました。しかし、実際世の中を見れば不倫とはその人が不倫と感じたら不倫なのです。 いくら不倫をしていないと言ったとしても妻や恋人が不倫だと感じたら不倫なのです。ネットで不倫というキーワードを調べると一番に出てくる内容が不倫とは人が踏み行うべきことがはずれることと配偶者でないものとの男女の関係を持つことと出て来ます。 配偶者でないものと男女の関係を持つということはどういうことなのでしょう。男女の関係をもつということは体の関係を持つということなのでしょうか。 私は、ネットで調べた内容から見るのであれば、私の知人が言っていた好意的に会話をしたり、二人だけで遊んだりとそういうことが男女の関係に当てはまるのだとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です