デメリットしかない不倫

不倫は法で決められているくらい、やってはいけない事です。今回は男性の不倫相手の女性目線で、何がデメリットかをご説明します。 体だけの関係、暇つぶし、ご飯をおごってくれるから便利、等と女性側は割り切っている場合は別として、そうでない場合は必ず女性が傷つきます。 真面目な女性であれば、真面目な女性であるほど、深く深く傷つきます。 最初は「この人だけは違う」と思うのが女性です。男性も傷ついたふりをします。本当に傷ついているのかもしれませんが、本当に傷つく人が、色々な時間を共にした嫁を傷つけるでしょうか。 嫁に原因がある場合ももちろんありますが、その場合、まず嫁との事を解決してから、誠意をもって不倫あいての女性に近づくのが筋です。もしばれた場合に、社会的にも金銭的にも負担がかかるのは不倫相手の女性です。 誠意をもってせっしてるからと、何か会ったときは誠意をもって男性が負担するとわざわざ合意書をかいてくれるような男性もいますが、実際にそれを実行しようとすると、まず弁護士をやとって着手金をはらってと最低でも20万は必要になります。 さらに、不倫問題の不倫した側についてくれる弁護士も正直なところ少ないのが現実です。嫁が会社や不倫相手の家族に連絡してくることもあります。家族との信頼関係もぎくしゃくしだし、仕事も失いかけません。そんなリスクをしても良い相手かをよく考えましょう。 実際に嫁と離婚して不倫相手の方へ来てくれたところで、男性の家族と挨拶しなければならないストレスに見舞われます。それは努力で解決できたと思ったら、次はいつまた新しい女性が現れるかという、得体の知れないストレスに見舞われだします。 男性はバツが1つでも2つでもかわらないという人も少なくありません。さらに、バツは男の勲章だ等という人もいるのが事実です。ある程度の年齢になってまで、不倫をするようにモテるのですがから、納得してしまう事もあります。 不倫をしている男性はどこか後ろめたい事があるので、真剣なら真剣なほど、不倫女性を大切にします。それは一般の未婚の男性よりもやさしく余裕があるのは当然の事です。 そんな居心地のよさにどんどんはまってしまいます。しかし、一度しっかり考えてみてください。今が楽しければ良いというなら、何も言いませんが、将来一人になるのは目に見えています。つまらなくても誠実な男性と一緒にいるのと、不倫をするような男性と一緒にいるの、どちらが幸せでしょうか。 不倫から幸せになる人もいるのは事実ですが、周りに打ち明けられずに、旦那に不倫されないように自分の気持ちを押し殺して幸せなふりをしているのが現実です。 いけないと思っている気持ちが少しでもあるうちに、とりかえしのつかないことになるまえに終われたらいいなと思います。

ずるずると続けてしまった不倫関係

私は、異性に求められると断れない傾向があります。つまり、押しに弱いので、迫られるとずるずる関係を持ってしまうのです。そんな自分のことが嫌なのですが、誰かに必要とされることによって、自分の存在価値を確認している部分もあります。

以前、友人に誘われた合コンで知り合った男性と、ずるずるしてしまったことがあります。合コンの場では、彼女もいないと言っていたはずなのに、実は既婚者だったということを、幹事の女の子から聞きました。でも、その時、既に私は彼と身体の関係を持っていました。言葉はありませんでしたが、付き合っているのと変わらない関係でもありました。だから、既婚者だということを知った時は、相当辛かったです。

彼との関係を続けていても意味がないとも思ったので、彼が既婚者だということを知っていることを告げました。彼は驚いた様子でしたが、だからと言って別れるつもりはないとも言いました。私は、結婚もしたいし子供も欲しいから無理だと伝えたのですが、彼に強引に抱かれたことにより、その話し合いもなかったことにされたのです。

その後も、別れ話を切り出す雰囲気にはならず、ずるずると関係を続けてしまいました。出会った時に既婚者だと分かっていれば、ブレーキをかけることができていたでしょう。その後も、私がもっと強く自分の考えを主張できていれば、泥沼化することもなかったのかもしれません。

彼とは、いつか別れなければという考えを常に持って、お付き合いを続けていました。でも、気付くと3年もお付き合いをしていたのです。周りが結婚や出産をしている中、自分は一体何をやっているのだろうと我に返ることもありました。やっぱり、関係を解消しようと思い、勇気を出して彼に話をすることにしました。

彼に思いを伝えると、割とすんなり受け入れてくれました。少し寂しいような気持ちもありましたが、そこで留まってしまうと結局ずるずるしてしまうと思ったので心を鬼にしました。彼との関係を解消することができ、その後すぐに新しい彼氏もできました。不倫をしていると、周りが見えなくなるので、自分に好意を持ってくれている人のことも見逃してしまうと思いました。新しい出会いのおかげで、私はきっぱりと彼のことを諦めることができました。

不倫は、誰も幸せになれません。奥さんのことを思うと、今でも罪悪感で胸が痛みます。不倫はするものではありません。

不倫とは体の関係を持つことである

私が思う不倫について記したいと思います。私が思う不倫とは、妻、婚約者、彼女以外の人と体の関係を持つことだと思います。考えはひとそれぞれあります。私の知り合いは不倫についてはこう語っています。 不倫とは上記の者たち以外の人と体の関係を持つことはもちろん、好意的な話をすることや二人だけで遊ぶことや話すことも不倫だと思っています。 私は確かに体の関係を持つことは不倫だと最もおもうのですが、やはり昔からの付き合いで地元の友人などであればそれは不倫ではないと思います。好意的であるのであればそれはいけないと思います。 他者との関係をもつことができないのはとても辛い人が多いと思います。現在彼女や奥さんがいる人たちは思っていることが多いとは思いますが、付き合ったり、結婚することで女性との付き合い方がすごく変わって、制限されたのではないかと思います。 制限されることは悪いことではありませんが、いいことでもないと思います。他者との交流が途絶えてしまうことで、これから先いろんな経験が途絶えてしまったということであるとおもいます。 人それぞれ性格は違います。なので人と接することがなくなってしまったら、人とうまく接することができなくなってしまうとおもうのです。上文にも記したように人がそれぞれおもうことは違うとおもいます。 一番だめなことは決めつけるということです。不倫をしているから他社の女人とはなしているということを思ったり、好意を持っているからその人と接しているなどと決めつけることで不倫が発生してしまうとおもうのです。 まずはわかり合うことがとても大切なことだとおもいます。私が思う不倫とは他の女性と体の関係を持つことだと思うと述べました。しかし、実際世の中を見れば不倫とはその人が不倫と感じたら不倫なのです。 いくら不倫をしていないと言ったとしても妻や恋人が不倫だと感じたら不倫なのです。ネットで不倫というキーワードを調べると一番に出てくる内容が不倫とは人が踏み行うべきことがはずれることと配偶者でないものとの男女の関係を持つことと出て来ます。 配偶者でないものと男女の関係を持つということはどういうことなのでしょう。男女の関係をもつということは体の関係を持つということなのでしょうか。 私は、ネットで調べた内容から見るのであれば、私の知人が言っていた好意的に会話をしたり、二人だけで遊んだりとそういうことが男女の関係に当てはまるのだとおもいます。

不倫は抜け出すには勇気がいる・・・

2年前のお話になります。私は未婚3年付き合っている彼氏がおり、彼が既婚者で子供が2人いました。出会いは職場です。 初めは全く興味がなく、会話もしたことがなかったのですが会社の飲み会をきっかけに話すようになり同じ部署になりLINEの交換をしました。その時はただの同僚でしたが部署が変わり数日した頃から彼から日々LINEが来るようになりました。 ちょうどその時は奥さんが2人目の妊娠中で実家へ帰っていた時でした。時に何もないLINEで仕事の話とかだけでしたが急にご飯に行こうと誘われ、やましい気持ちとかなく行くことにし飲んだ時に、告白され離婚もすると言ってました。 元々うまく言っていなかった離婚をするのは私を好きになったからではない。と言ってましたがもちろんその時はお断りしましたが、私は失敗をしてしまいました。酔いすぎてしまい、帰ろうとしたのですが彼の強引さに負けてしまったのです。 結局その日はホテルに泊まり、行為をしてしまい朝に家に帰りました。この日のことは忘れると決めていました。 私もちょうど彼氏のことが好きなのかわからなくなっておりマンネリしていた時期でもありその後彼からの連絡はやむこともなく、私も無視することができずという形になり連絡を取り合う日々が続き少しずつ彼に惹かれてしまっていました。 彼の方は離婚の話が進んでおり、彼から日々電話が来たり会いたいと言われ会う日も増えて行き、再度告白され離婚が成立してからということになり私も3年付き合った彼氏を別れました。本当にこれで良かったのかと考えた日も多くありました。 離婚が成立していない間も何回も会って、ホテルにとまったり、デートをしたりという日々が続きもちろんその中で真剣な話をすることも多く、子供のこととかで彼が悩んでいる姿も目にし辛くなることもありました。 自分のせいで子供が悲しむかもしれない。とか思うこともあり耐えきれなくなった時に私は彼から離れることを決意し別れを告げました。 もちろん、彼は離婚のことでも精神的に来ていたためダメージが多く私の家の前まで来たり何度もして離れるのに大変でしたが時間が解決してくれました。 今は彼も離婚が成立し、独り身になってますが職場で見かけることもありますが元気そうです。私もあれ以来彼氏もいませんが、離れて良かったと思ってます。 不倫は正直彼をマンネリしていた私にとっては刺激があったからはまってしまったのかもしれません。

不倫が流行しているのはドラマの影響

最近、いや昨年からでしょうか・・・(不倫)というワードをよく耳にするような気がします。 今年に入ってからは、(またか・・・)と思うほど毎日のようにワイドショーを賑わせている気がしてなりません。こう感じているのは私だけではないように思います。 好感度のあるハーフタレントから始まり、議員、俳優、芸人とみんなよくやるなと思うほどです。私自身、二人の子供を持つ母であり、一人の女性であります。 昨年はママ友の間ではドラマ昼顔がとても流行り私も毎週観ていました。あんな出会いがあったらな、あんな素敵な男性はいないだろうか、切ないななど様々な感想でママ友同士のランチ会などで盛り上がったのを覚えています。

実際の話、私の周りにも不倫を楽しんでいるママ友がいないわけではない。そのうちの一人は、年下のプログラマー、仕事の上司などと複数人との逢瀬を楽しんでいるようです。 彼女の話を聞いているとこちらまでいけない事をしているのではないかという感覚にもなります。彼女は私よりも5歳年上。クラシックバレエを習っていたからかスタイルがよくスラリとのびた美脚の持ち主です。 ご主人との夫婦関係は良好で離婚は考えていないようです。彼女いわく(旦那は嫌いじゃないし離婚とかも考えてないよ。ただドキドキしないし、夜の相性は遊び相手との方が抜群に良いんだよね。 男性だっていろんな人を味見してるんだから女だってしてもいいと思わない?その代り絶対にばれないように努力はしているわ)と・・・。 ドラマで流行った不倫は不倫に全く興味のない主婦が理性とは裏腹に相手の男性にどんどん惹かれ、最終的に自分の家庭が壊れるというストーリーでしたね。 今年に入り公開された続編映画(私もしっかり映画館で鑑賞済みです)には一部で不倫を助長しているなどといった意見もあったようですが、私はそうは思いませんでした。 ドラマも映画も中盤までは純愛、恋愛ストーリーというような感じでしたが、最後には罰が下る。不倫を楽しんでいる人、不倫しそうな人に対して(楽しいのはほんの一瞬、最後には取り返しのつかない罰がくだりますよ?)という警鐘のように私は受けとりました。

お恥ずかしい話、私も学生時代に不倫の経験がある。相手は子持ちの20代後半のさわやかな営業マン。出会いはバイト先のキャバクラでした。 タイプだし、当時好きな人も彼氏もいなかったことから彼のアプローチを受け取りました。(嫁を女としてみれない、でも子供のために離婚はしない。けど好きなんだ)今考えればなんとも自分勝手な要求ですね。彼との関係は2年ほど続きました。 そんな経験もあるので不倫する側、妻となってはされる側の意見が少なからずわかる気がします。ほんの一瞬のときめき、女性として男性として見られているという優越感と自信。 そんなものを求めて不倫にはしっているのではないだろうか。される側の気持ち、失うものの大きさそれを考えることができれば不倫は減る気がしてなりません。

不倫をする上での注意点とは

不倫と言えば一般的には何か特別な理由がない限りは許される事の無い行為になりますが、本人達にとっては自分でもどうすることもできない問題でもあります。 なのでどうしても不倫関係を続けたいのであれば絶対にバレないようにする必要がありますし、それが自分を守り相手や家族に迷惑をかけないためのポイントになります。 まず最初に注意しなくてはいけないのが証拠を残さない事になりますが、この証拠と言う物は大きな物から小さな物まで多様に存在しています。 例えば大きな証拠になるのが携帯電話などに残されているメールや写真で、これは裁判でも通用するような決定的な証拠になります。 なのでできる限り記録媒体に残さない事が重要なのですが、メールであれば暗号の様な形で誤魔化す事は可能になりますし写真であれば別のSDカードなどに移す事で携帯電話を見られても問題ない様な状態を保つことができます。 また小さな証拠になるのが不倫相手と会っていた時のレシートなどになりますが、レストランやホテルの明細書などがありますしその他にもショッピングした場合には紙袋や映画などの場合はチケットの半券なども証拠の一つになります。 さらに盲点になりやすいのが高速料金のレシートになっていて、特に車に置きっぱなしと言う方は多いので注意が必要と言えます。なお宿泊施設を利用する際にはクレジットカードで支払うケースも多いのですが、この時には後日送られてくる明細書などを見られないようにする工夫が要求されます。 そして不倫している事をバレないようにするためには、お互いの普段の生活圏から離れた場所で会う事がポイントになります。 生活圏に近い場所で不倫相手と会う事は知り合いに目撃される可能性を高める行為になりますし、場合によっては相手の配偶者に直接見られてしまう可能性も出てきます。 なお、不倫関係を維持する上で最も大きなポイントになるのは女性の妊娠になります。基本的に、不倫の関係は大人の男女が行う物になりますので当然肉体関係を持つことが普通だとされています。 なので女性には妊娠のリスクが常につきまとい、実際に不倫がバレる原因の上位には女性の妊娠がランクインしています。 したがって性行為を行う際には必ず避妊具を使用することが求められますし、不倫している男性の中にはパイプカットを行い妊娠の可能性を極限まで低くしている方もいらっしゃいます。

夫との出会いは偶然の送迎会

私と夫の出会いは本当に偶然でした。私の職場の友達が産休に入るのでその送迎会をすることになり居酒屋で飲み会をしました。大人数ではなく7.8人でした。 1件目が終わり2件目に行こうかとなったときに産休に入る友達が人数増やそうといって自分の友達に連絡を取り始めました。それで来たのが将来、主人になる男人でした。 別の店に移って少し経ってから来れると連絡がありみんなで飲みながら待っていました。彼が到着しみんなで歓迎しました。その場の全員が初対面という場面でしたがみんな声をかけたりして和気あいあいとしてました。 彼が前日が誕生日だったということでケーキをお店に入った時におねがいしていました。それをサプライズで出して驚いていましたが喜んでいるようでした。 正直私も彼も人見知りでその日は私と彼は一言も話しませんでした。席が遠かったし、それぞれ別に話している感じだったので特に気になりませんでした。 たまに目が合ったような気がしましたが見つめあうわけでもなかったし気のせいだと思いそのまま私は飲みました。彼はお酒が飲めないし車で来ていたのでシラフの状態でした。 そして私は次の日に仕事があったのでみんなより先に帰らせてもらいました。なので本当にその日は初めて会って少し顔を見ただけで一言も話さず連絡先も交換することなく終わってしまいました。

二回目の出会い「会話をする」

何もないまま別れてしまった彼と私ですが、飲み会の時に彼を呼んだ友達から、連絡先を彼に教えていいかと言ってきました。 たぶん彼が教えてとお願いしたわけではなくその友達のおせっかいだろうなとは感じたのですが、断る理由もなかったので了承しました。少したってから彼から連絡があり、食事に行かないかと誘われました。 友達からも別に付き合うとかじゃなくて友達増やすつもりの付き合いでいいよ、と言われていたので固く考えず会うことにしました。 何度かメールをして食事の決まりました。当日迎えに来てくれるということだったので家で待ちました。彼の家と私の家は隣の市ではあるけどした道だと1時間かかるし高速でも30分はかかります。なのでわざわざ来てくれてお礼を言いました。 そのまま彼の車でお店に行き食事をしました。食事は楽しかったです。二人とも初めはあまり話せませんでしたが、沈黙がいやではない相手だなという感じでした。食事も終わり少し早かったのでその辺をぶらぶらするだけでしたが歩きました。 その日はそれで終わり送ってもらい帰りました。お互いに家についてから楽しかった、また行きましょうというメールをしてそのまま終わりました。その後お互いに連絡を取ることなく半年ほどたってしまいました。

友達のおかげでつなげた出会い

初めて食事に行ってからお互いに特に別の相手がいるわけでもなく連絡を取り合いませんでした。そんな時また共通の友達と私がランチをする機会がありあいました。 その時に彼とどうかと聞いてきました。私は一度食事に行ったけど今は何もないよと正直に言いました。友達も彼から同じことを聞いていたみたいで私のほうから連絡してあげてと半ば強引にメールを送らされる展開になりました。 メールを送ってまた食事に行くことになりました。その時もお互いに何か思うことはなかったのですがその後は連絡が途切れることもなく、遊ぶ回数もだんだんと増えていきました。 気が付けば付き合ってはいないけど毎週休みの日は会うような関係になっていました。でもはっきりとした言葉がなかったので付き合っているわけでもないしなとは思ってました。 そんな風に思っていると告白され付き合うようになり、そのまま同棲し結婚しました。初対面の時の飲み会のメンバーには本当に驚かれます。まさか結婚するとは思ってなかったとか。運命だねとか。 私も彼も初対面の時は結婚するとは思っていなかったし、お互いに意識もしてなかったと思います。でも友達のおかげで彼との縁をつなげたし、幸せになれました。その友達は私たちにとってはキューピッドです。 でも友達もまさか結婚するとは思わなかったと言っていたので本当にびっくりしています。どんなところに出会いがあるか分からなし、本当に運命ってあるんだなと思い、人の縁は大切にしないといけないなと思いました

誠意をもった上での不倫は絶対にしないほうがいい

短大の頃、そこの教授と不倫関係になりました。当時は彼にお金をもらっていたのでアルバイトをすることもなく、気楽に暮らせました。 嫌な印象を与えると思いますが、その先生に対する愛情は一切なく、人間ATMだと割り切っていました。しかし、相手の先生は逆で私に愛情を求めてきました。 正直、キモかったのですが、毎月10万以上もらえるし、外食し放題。条件が良かったので耐えてました。 我慢料だと思ったら安いものだと思いました。 結婚と恋愛は別で、結婚は浮気する心配のないまともな相手としようと決めていました。現実が見えていないのか、この先生は私と結婚しようと本気で考えていたようです。 都合の良いことに奥さんに子供がいない、もう40近くなるので不妊治療しても無駄だと思うなどと言っていました。 内心で「お前の子なんかいらねーよ」と思ってましたが、経済力は当てにしていたので「卒業するまでは待ってほしい」といい、ピルを飲んでました。 先生は離婚できるかわからない、ということを言っていました。それなのに子供は産んでほしいという主張です。 私はカネ目的で冷めていたのでこの男が支離滅裂な主張をしているのは一目瞭然でしたが、本気で惚れ込んでいる女性とかだったら、だまされちゃうんだろうなと思った記憶があります。 不倫する男は幼稚で、まともな家庭を築いている男に比べ忍耐力がないというイメージを持っています。また、実際にそうでした。 先生は家ではいわゆるモラハラDV男だったようで、ついに奥さんを追い出しました。生活費は払っているようですが、かなり離れた地域に一人暮らしさせていました。 奥さんが不在になったので私は先生宅に住むようになりました。しかし、近所の住人に「あなたは何なの?」と聞かれたりで居心地は悪かったです。 そのうち、卒業する時期が近づいてきたので、バックレる準備をしました。一度は愛した奥さんにこのような仕打ちをできるような男に付いていく気など一切ありません。 すると、先生は健康診断にひっかかり、前立腺がん?の疑いがあると言われたそうです。また、FXに失敗し、多額の追加証拠金を請求され、一気に貧困層に没落してしまいました。 こうなると、私には何もできません。結局、妻を呼び寄せ、妻はパートで追加証拠金返済のために働き、先生は治療に専念することになりました。 「結婚って怖いな〜」と私は学びました。また、生涯の伴侶になる相手はしっかり見極めようと肝に銘じました。 不倫という関係はお互いに無責任極まりなく、利害関係が生じると相手を容赦なく切れる関係だと個人的に思っています。不倫するなら、相手に誠意を持って対応しちゃ絶対にダメです。

不倫と浮気ってどう違うの?

いまや日本は、不倫天国とも言われていますが、では不倫と浮気はどう違うのでしょうか。「ちょっと魔が差してしまったから…」そんな一時の気の迷いも不倫と呼ぶ人も多いようですが、では、法律的にはどう定義されているのでしょう。 民法によれば、不倫とは特定の人と不貞行為を繰り返し行うことと定義されています。よく起こりがちな酒の上でのこと、とか、衝動的な理由でたまたま関係を結んでしまった場合は、不倫ではなく浮気と呼ぶのが正解です。では、ステディな関係に陥ってしまった場合は、どんなリスクが待ち構えているのか。これを調べると、あまり軽々しく不倫を考えないほうが得策です。 不倫をしている人たちから話を聞くと、たびたび「ばれさえしなければ大丈夫」という楽観論を耳にしますが、不倫に限らずどのような行為も日常化するほど、人は警戒心が希薄になる生き物です。そして、いったん不祥事が白日の下にさらされてしまったら、さぁたいへん。 最悪の場合、慰謝料も覚悟しなければなりませんが、最近の相場はその悪質度によって変わるものの、おおよそ100万から300万程度といわれています。伴侶を失った上に、多額の金銭まで要求されてしまう。不倫モノのドラマや映画を見て、その甘い誘惑に幻想を抱く人もいますが、これは考え物です。 では、どんなタイプの人が不倫という甘い罠にかかりやすいのでしょう。まずは、性格がまめ人。周りから気が利く、細かいことに配慮できるなどは異性から好感をもたれるケースが多く、食事やお酒など気軽な付き合いから気づいたら深い関係に発展する場合をよく目にします。気位が高い人も要注意です。 特に男性では、自信家に多く、周りから一目置かれる存在でもあるために女性の歓心を買ってしまうのです。嫉妬深いと自覚がある人も気をつけましょう。最初は軽い浮気のつもりでも、いざ付き合いが始まってしまうと、相手が他の異性に関心を持つことに耐えられなくなって独占欲を発揮してしまい、ずるずると不倫関係を引きずってしまう傾向があります。 そして、優柔不断な性格も不倫に陥りやすい要因となります。相手から強く求められると、どうしてもイヤといえない。自分の意思と関係なくなんとなく相手に引きずられてしまう人も不倫予備軍として、日常の行動に細心の注意が必要でしょう。 マンネリ化した生活の中で、ときには刺激を欲しがるのは人としての性ですが、かといって不倫で家庭崩壊になってしまっては元も子もありません。軽い気持ちやノリで不倫相手をつくっしまうことには、くれぐれも気をつけましょう。